<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
重めボブ、流行る
e0097358_00584.jpg
みなさん!これからしばらくは、毛先をすかすかとすいちゃだめですよ!重めヘアのビッグウェーブがいよいよ来てます!
ロングふわふわの反動でボブの逆襲が始まります。しかも最近黒髪ボブをよく見るんだ!

…とよく解らない導入で始まった本日、本当は最近トータリテで買った、黒の刺繍入りの薄手のロングコート(43,000yen)の使い勝手が思いのほか良かったのでそのことを書こうと思ったのですが、ロングコートを描くのに失敗しますた。。
ので、ヘアスタイルについて書いてみました。

会社で「私の彼は今はSEだけど、実はぶどう農家の長男です」と言ったら、上司に「お前には絶対(農家の長男の嫁は)無理」と言われました。そこまではっきり言われると若干へこむ。
やってみなけりゃわからない、と思いつつも、やる気と自信はなし。
まだまだ相手を探させてくださーい。
[PR]
by furp | 2006-11-29 00:15
mt.fuji
e0097358_23504422.jpg
この週末は、山梨観光してきました。
河口湖の方に行って、風穴、氷穴なんかを観てきました。穴は寒かった。。。そしてこの見事な富士山!思わず「ビューティフル!」って叫んじゃったよ。(こんな日本人。。)
夜ご飯は、彼の実家に寄って(彼の実家は山梨)、食べきれないほどごちそうをいただき、お酒も飲んでやや泥酔しつつ家路につきました。
彼の実家でも遠慮せず酒を飲みまくる女、それが私。。。笑
平日は毎日デスクワークで、頭しか使わないので、広い空やきれいな空気を吸っていい気分転換になりました♪
[PR]
by furp | 2006-11-26 23:56
手紙
e0097358_0494042.jpg

「プラダ~」に続き、本日、二本目の映画です。
母が「観たい」というのでレイトショーで観てきました。。

※またまたネタバレなので、観ようと思ってる方は読まないことをおすすめします

ストーリーは、強盗殺人で服役中の兄を持つ弟の半生を描いたもの。
弟以外にもまわりの人々のドラマがあるんですが、まあ主人公は彼(山田孝之)。
殺人犯の兄を持つがために、仕事は追われ、お笑い芸人として成功し始めたらネットに実名で殺人犯の弟と書き込まれ、恋人とも別れ、その後家族ができても、子どもまで「殺人犯の娘」というレッテルが貼られ。。それでも、それを乗り越えて生きていく、と、ざっとこんなストーリーです。映画のタイトルにもなってる「手紙」は、兄と弟をはじめ、まわりの人々をつなぐツールとして使われてます。

感想は、うーん。いまいちかなあ。
確かに感動的な話ではあるけど。。「映画」としてはいまいちと思いました。
となりで一緒に観てた母をはじめ、劇場ではあちらこちらで鼻水をすする音がしてましたが、ちっとも感情移入できなかったです。
話のキーパーソンである沢尻エリカの描き方も中途半端だったし。(でもかわいかった。。)
でも、加害者の家族が背負う十字架は想像以上に大きいんだと思いました。
それにしても沢尻エリカって演技上手いなー。
あ、他の役者さんも熱演でした。
原作読もうっと。
[PR]
by furp | 2006-11-24 01:02 | movie
プラダを着た悪魔
e0097358_15101436.jpg
すみません。この絵、アン・ハサウェイに見えません。。。頭でかすぎなんだってばよ!(NARUTO風)

スタイリストが「SATC」のパトリシア・フィールドと聞いて、是非とも観たいと思っていたこの映画。監督も6エピソードのデヴィッド・フランケルだし。(彼の名前は初めて知りました。。笑)

主人公アンディのスタイルは、最初はダサい子が徐々にオサレに。。って話なので、まあ普通でした。着てるブランド自体はすごいんだけど。
それよりも、メリル・ストリープ扮する「悪魔」と呼ばれる鬼編集長ミランダのファッションがずっと洗練されていてよかった!あんな風に歳を取りたい!って感じです。そりゃそうか、「ファッション界の女王」なわけだし。。
どっちも役にあったスタイリングでgood。ということでしょう。

ストーリーは、(これから観にいくひとがいたら読まないでほしいんですが、)
最初ダサダサ&愚痴ばっかり言ってたアンディは、ファッション業界に君臨する鬼編集長(ミランダ)に「あなたは私と似てるわ」と言わしめるまで仕事やセンスの腕を上げるんですが、結局ミランダのように「仕事に魂を売る」ようにはなれないと思って、最後は自らその仕事を放棄してしまうんですよ。それで、仕事のせいでギクシャクしていた恋人や友人、家族の元に戻るっていう、、、。
まあ、アンディの最終目標は「ジャーナリスト」であった訳だから、ファッションの世界からすぱっと足を洗って、恋人とも仲直りして、自分のやりたいことを自分のリズムで歩き出せるようになった、という前向きなところで終わってることは終わってるんだけど、
仕事でアップアップしてる私にはですね、この映画に「恋(プライベート)も仕事も第一線にいようなんて甘いわよ」って言われてるように感じたわけですよ。
だって、ミランダ率いる編集部(=第一線)はそれこそ「仕事に魂を売った」人々だけが働いていて、ミランダ自身もプライベートでは仕事に没頭しすぎるせいで夫と離婚したり、それでも仕事を取るんです。仕事もプライベートも充実してるひとは出てこないんです。
そういう意味では、両立させてるひとも出して欲しかったなあ、なんて。
それだけ世界的な舞台で活躍することは大変なんですよ、ってことなんだとも思うけど。
だから、アンディにも、最後までミランダの下で仕事をがんばって、恋人とも幸せになって、それがこの映画を観に来た女子たちの指標になればよかったのになあ。。なんて勝手に思ってしまいました。映画なんだから、夢物語のようなエンディングでもよかったのにね。

でもこの映画は女子にはとても良いと思いますよ。
意外と等身大の主人公。
ファッションより、仕事という観点から見たほうが楽しめます。
[PR]
by furp | 2006-11-23 15:38 | movie
it`s my best
e0097358_23573514.jpg

今まで使った香水の中で一番気に入ってるのが、このDiorの「forver and ever」というやつです。
どちらかというと甘い香りなんだけど、そこまで甘くなく、凛とした感じがするので好き。
香りの持ちもいい感じで続きます。(名前のように「永遠に」ではないが。。)
あとは容器のピンクのラメ感がかわいいです。形は絵よりももう少しシャープ。。

アロマ系のさわやかな香りも好きだけど、たまにもったりとした香りを纏いたくなる時があるね!ここ2週間ほど継続してつけてます。

今日はまた仕事で自分のアホさ加減に気づき、少々へこんでたので、良い香りでもかぎたくなりました。
でもベッドまわりにはアロマだよなあ。。

あと一日行ったら休み!
[PR]
by furp | 2006-11-22 00:05 | 長く使ってるもの
☆★☆一周年☆★☆
e0097358_2355424.jpg
そういえば、今月で彼氏と一周年でした。
なんだかんだで一周年です。
8月くらいに正直「もういいや」と思った時期があって、いつもの私なら大抵それで終わりになるところを、彼が「話し合い」の場を設けたことで回避されたのでした。
今まで付き合ってきたひとたちと、私はお互いのことを話し合ったりすることが一度もなかったので、(私はひとと真正面から向き合うことが意外と苦手です)今の彼には感謝してます。

で、彼に記念にHERMES(スペルあってる?)のブレスレットをもらいました。サプライズでした。
絵の中に描いたんだけど。。わかりますか?エヘ。。
でもこの間ふたりで歩いてたとき、「チャリ~ン」って音がしたので、何かと思ったら、ブレスレットが地面に落ちた音でした。。。確かにはずれやすいんだけどね。彼は苦笑しとりましたよ(笑)。
[PR]
by furp | 2006-11-21 00:05
とりいそぎ近況まで
e0097358_22381473.jpgああ。。。。このブランクよ。
ほぼ一ヶ月ぶりの更新です。

この一ヶ月、私が何をしていたかというと、いろ~んなひとと会ってました。高校時代の友達とか前の会社のクライアントさんとか知り合いの編集さんとか、尊敬していた上司とか、彼氏とその友達と飲んだりとか、ひとつ前の会社の部会に呼ばれて、「スラムダンク」の全巻をプレゼントしてもらったり、観たかったDVDをたくさん観たり、生まれて初めて結婚式に出たり、バッティングセンターに行ったり、新しい職場に少しずつ慣れてきたり、かといえば先輩女子の理不尽な物言いに口答えしたり(笑)、いきなり大阪出張(しかも日帰り)したり、英語をちょっと始めてみたり、5連チャンで飲んだり、メガネを替えたり、仏像展を観にいったりetc。

いろいろあるけど、やっと暗くて長いトンネルの中で光が見えたような感じです。
少しずつだけど、先を、そして上を見ることができるようになってきたかも。
それこそ、半年以上ぶりに。

だから私は元気です。
ちゃんと生きてます。
そして少し強くなったと思う。

今日はここまでにするけど、ここにも書きたいことがいっぱいあります。

またちょこちょこ更新していくので、お手すきのときにでものぞいてやってくださいっす。
ではでは・・。

furp
[PR]
by furp | 2006-11-19 22:41